数学の勉強は量より質

数学の勉強は量より質が大切です。
何故なら、数学の解けない、あるいは間違えた)問題には必ず理由があるからです。

 

その為、なぜ解けなかったのか、間違えたのかを考える必要があるんですね。
基本的に苦手な科目を中心にやることです。

 

この時に大事になるのはできるだけ具体的に原因を考えてみることが必要です。
そうしないと何を直したらいいかがわかりにくいからです。

 

 

多くの人は、暗記漏れやケアレスミスで済ませてしまいがちですが、誤った答えに対しても、なぜ自分はケアレスミスをしたのか…。

 

「なぜ自分はこれを解けなかったのか、あるいは覚えられなかったのか」までを突き詰めて考えることで、テストで同じミスを繰り返すことが大幅に減らすことができます。

 

ケアレスミスの原因も、途中の計算で字が汚かったのか、時間配分が良くなかったのかなど、その原因によって対策も変わってきます

 

 

多くの問題やテキストに触れることよりも、問題の本質を掴み、解法へと自分で辿り着く能力を身につけることが重要ということです。

 

あと解けていた問題も実は大切で、なぜ解けたのか、解けた過程を考えると、他の問題が解けなかった原因がわかったりもするんですよ。

 

これで苦手な数学の点数アップも期待できます

 

 

数学で苦手な意識があり、何度模試などを受けても似たようなミスをしてしまうと悩んでいる人は、ぜひ身に付けてほしい勉強法の考え方です。

 

TOPへ

 

ページの先頭へ戻る